バイデンの勝利の防衛へのインパクトは

How the Biden Win Impacts Defense

November 13, 2020 – by Shaun McDougall


2015 年の軍事式典で講演するジョーバイデン副大統領–米国国防総省


選挙当日、その戦いは大接戦であったが、ジョー・バイデン前副大統領が大統領選挙で現職のドナルド・トランプを追い落としたと複数の報道機関が報じている。大統領は公式に選挙を認めておらず、複数の法的な異議申し立てを開始している一方で、広範囲にわたる不正投票と盗まれた選挙についての根拠のない主張を表明している。

一握りの共和党員が選出された大統領(注:ジョーバイデン)を祝福したが、党の多くはトランプの法的戦略を実行できるように沈黙を守っている。当面、バイデンチームはホワイトハウスへの移行へ目を向け、我々は新政権が国防費と国防総省全体にとって何を意味するのかを見守る事となる。

記憶しておくべきことの 1 つは、上院の勢力バランスが決まっていないということだ。 現状では、上院の戦いは、現在、個別の 2 議席の⺠主党議員を含め、それぞれの党の 48 議 席に分かれている。 2 議席のジョージア上院選挙−のうちの 1 つは健康上の懸念のために辞任した上院議員に 代わる特別選挙−は、1 月に予定されている決選投票となった。

⺠主党は上院を 50 対 50 で分割するためにジョージア州の両方の議席を獲得する必要があ り、これにより、カマラ・ハリス副大統領が党派の同点の場合の決定票を獲得する。 伝統的に赤い(注:共和党の)州での両方の決選投票に勝つことは、⺠主党員にとって困難 な戦いになるだろう。つまり、共和党員が議会を維持する可能性がある。

共和党主導の上院は、例えば、より多くの中道派の閣僚を要求し、裁判官の任命に影響を与え、上院の立法議題を管理することによって、バイデン政権の全体的な政策の影響を制限することとなる。上院の結果に関係なく、年次歳出法案を含めてほとんどの法案である程度の共和党支持が必要である。

防衛費に関しては、バイデンは大幅な防衛費の削減は見込んでいないと述べたが、総額はわずかに低下する可能性がある。彼は、国内の優先事項に関して支出するために、より無茶な防衛費の削減を制定するという彼の党の進歩主義者からの圧力に直面するだろうが、その突き上げは、歳出法案を上院での通過のために必要性によって相殺されるだろう。

下院軍事委員会委員⻑のアダム・スミス(D-Wash。)も大幅な削減を予想しておらず 彼は、トランプ政権の 2021 会計年度要求 7,405 億ドル、2022 会計年度の予算見積もり 7,590 億ドルに対して、バイデン政権下で 7200 億ドルから 7400 億ドルの防衛予算を想定してい ると述べた。

ホワイトハウスの 2022 会計年度見積もりは、約 2.5%の成⻑を反映しており、インフレ調 整後の将来の予算は横ばいとなる。 7,200 億ドルの総額は、2021 会計年度の要求と比較して約 2.8%の削減を反映し、現在の 2022 会計年度の予測よりも約 5.1%低くなる。
これらの数字は、国防総省以外のいくつかの防衛プログラムを含む、より広範な国家安全保障のカテゴリーを表している。

ホワイトハウスのフラットな予算見積もりは、パンデミックが発生する前に作成されたことを思い起こすことが重要だ。それ以来、経済は停滞し、景気刺激策は赤字に数兆ドルを追加した。

2 回目のトランプ政権下でさえ、国防予算のフラットが最良のシナリオであり、わずかな減 少が可能と考えられていた。 COVID-19 の感染は、現在、これまでになく増加しており、今後数か月にわたって経済を さらに制約するだろう。ワクチンが未だ先行き不安なため、完全な景気回復のタイムライン は依然として不明なままである。

防衛の指導者達は一貫して実質年間予算の 3〜5%の増加を求めてきたが、今日の環境では どの政権もその目標を達成するのは難しいと思われる。 実際、パンデミックが防衛費に与える影響の本当の範囲は、しばらくの間は解らない。 短期的な取り組みは、重要な防衛サプライチェーンの保護に焦点を当て、パンデミック関連 の予算削減は 1、2 年遅れる事を許容する事だろう。

次期政権は、2018 年の文書に代わる新しい防衛戦略の起草を担うこととなる。米国の太平 洋地域への焦点は変わらないだろう。 そのシフトはオバマ政権下で始まり、中国が経済力と軍事力として成⻑し続けるにつれて 進行するだろう。実際には、現在の防衛戦略の核となる信条の多くは、バイデン政権下で維 持されるだろう。

現在の防衛戦略は、米国が同盟国やパートナーに依存し、中国との透明性と非侵略の道を追求したいという願望を強調している。トランプの外交政策へのしばしば好戦的なアプローチにもかかわらず。スミス委員⻑は、現政権が中国とロシアとの軍事的対立に焦点を合わせていることは、「非常に危険で不必要な冷戦のレシピである」と懸念を表明している。

新しい防衛戦略は、潜在的なハイエンドの紛争に備える必要性を覆すことはなく、そして、戦略が全体としてどのように表現され、提示されるかについて、より微妙な変化が生じる可能性がある。改訂される戦略はまた、海外での関係構築を倍増させ、ソフトパワーをより重視する事となるだろう。

バイデンは中東でのサポートはより小さなものとなるが、現場の状況は複雑であるため、彼は完全な撤退を見込むことはできない。トランプは軍隊を帰国させるというキャンペーンの約束を果たそうとしてきたが、作戦上の現実がそれらの努力を遅らせた。

バイデンは、大規模な地上部隊ではなく特殊作戦部隊に焦点を当てて、問題のある地域での小さな米国のプレゼンスに門⼾を開いている。彼はまた、ドイツから数千人の米国人を移動するというトランプの決定など、海外の他の軍隊の動きを検討しようとした。トランプは、この動きはドイツが防衛に十分な資金を費やしていないことに対応したものだと主張した。

大統領は、GDP の 2%を防衛に費やす義務を果たせなかったとして、NATO 諸国を頻繁に 非難し、多くの NATO 指導者と論争の的となっている。 バイデンはこれらの関係の一部を修復することを目指しているが、2%の支出ベンチマーク に到達するために NATO をどれほど懸命に迫るかはまだ不明である。

大きな変化が見られる分野の 1 つは、核兵器の分野だ。 バイデンは過去に、核兵器のない世界に近づきたいと言っていた。 その姿勢は、彼が核の三本柱の一つを切ろうとしていることを意味するわけではないが、よ り広範な防衛戦略の一環として核兵器への依存度が低くなり、核の近代化のための全体的 な資金が少なくなる可能性があるだろう。

2018 年の核態勢見直しで浮上した 2 つの新しいプログラムも影響を受ける可能性がある。: それは潜水艦発射弾道ミサイルに最近配備された低出力核弾頭と潜水艦発射核巡航ミサイ ルである。

バイデンは、2021 年 2 月に期限が切れるロシアとの新戦略兵器削減条約の 5 年間の延⻑を 支持している。ワシントンとモスクワは延⻑の可能性について交渉しているが、協定はまだ 確定していない。

トランプ政権は、500 から 5,500 キロメートルの範囲の地上発射弾道ミサイルと巡航ミサイ ルを禁止した中距離核戦力(INF)条約及び条約加盟国の領土上空での非武装の観測飛行を 許可したオープンスカイズ条約を含む他の軍備管理協定からすでに離脱している。

空軍は、オープンスカイの飛行に使用された 2 機の OC-135B 航空機を更新することを計画 5 していた。一方、INF の撤退により、陸軍は、将来の精密攻撃ミサイルと⻑距離極超⾳速ミ サイルの間のギャップを埋める新しい中距離ミサイルプログラムを開始することができた。 陸軍は最近、地上発射中距離ミサイルの要件を満たすためトマホークと SM-6 を選択した。

バイデン政権下で増加する防衛予算もみることができるだろう。次期大統領は、米国は無人機能とサイバー及び情報技術にもっと焦点を合わせる必要があると言っている。彼はまた、より新しい高度な機能をサポートするために、レガシーシステムから資金を転用することを広く支持している。

国防総省はすでにこの目的のためにレガシーのプラットフォームを退役させようとしているが、この戦略は、耐用命数が残っており、または彼らの選挙⺠に利益をもたらすシステムを売却することを躊躇している議員からの抵抗に直面している。バイデンはまた、州兵の装備を改善することも約束している。

海軍が最近発表したバトルフォース 2045 計画は問題があり、500 をはるかに超える有人及 び無人の艦船の将来の艦隊を想定している。 先月、国防⻑官のマーク・エスパーは、バトルフォース 2045 の詳細のいくつかを要約した が、艦隊の正確なサイズはまだ決定過程にあるとした。

スミス議⻑は、艦船の数よりも特定の能力の開発に焦点を合わせたいと語った。特に一部の政府のウォッチドッグは、海軍がすでに将来の船のコストを低く見積もっていると思っているため、この計画には価格の適切性の懸念もある。

将来の艦隊の実際の範囲はまだ分からないが、攻撃型潜水艦の増強、小型水上戦闘艦への焦 点を当てた更新、更なる無人能力の開発など、バイデン政権下ではバトルフォース 2045 の 特定の側面が存続する可能性が高い。

新政権はまた、「バイ・アメリカン政策」にも取り組む予定だ。 2021 会計年度の国防権限法案の下院版の規定では、取得プログラムの DoD コンポーネン トの 75%を 2021 年 10 月までに国内調達し、2026 年までに 100%を調達する必要がある。

この規定は共和党と⺠主党の指導者及びホワイトハウスからの反発を受け、又、同様に同盟国は、産業パートナーシップの喪失と米国市場へのアクセスを懸念していた。

この規定は法に署名するのに十分な支援を得ていないが、新政権はペンタゴン調達プログラムのための装備品の国内調達の増加を推進することが期待されている。6サプライチェーン内の材料に対する中国への依存を減らすための特別な努力が必要だ。武器輸出は、又、影響の大きいものとなる可能性がある。

トランプ政権は、海外での武器販売の増加を推進したが、⺠主党政権は人権やその他の問題に関する懸念を理由に、サウジアラビアなどの特定の顧客への販売を制限する可能性が高いと思われる。


投稿者紹介:Shaun McDougall

政治学、ノートルダム大学
防衛調達と予算問題などを専門
Defense NewsやNational Defense Magazineなどのさまざまな国防雑誌で発表
現在Forecast International’s International Military Markets の編集者。